本文へスキップ

住宅のご相談は株式会社 鈴正へ

電話でのお問い合わせは019-635-2828

〒020-0863 岩手県盛岡市南仙北2丁目13-17

エアサイクルの家access

パッシブエアサイクル

日本の家は「夏を旨とすべし」、
自然環境エネルギーを利用した「パッシブシステム」



自然と親しみながら、その恩恵を享受する知恵を活かした家づくり
太陽エネルギーで温度と湿度をコントロールするパッシブデザイン


日本の気候は亜寒帯気候から亜熱帯気候と、さまざまな気候風土があり、気温、湿度、日照、降水、降雪、風といった気候要素も地方により異なったものとなっています。このような自然環境のなかで古くから生活が営まれ、その経験、言いかえれば「生活の知恵」から日本古来の伝統的な住宅が生まれ、家づくりの手法が確立され、それぞれの地方にあった地域の大工さんによって建設されて来ました。



夏期の建物廻りの温度は、日射の当たる南と日陰の北側では数度の温度差があり、地表面においてはその差はもっと大きくなります。「エアサイクルの家」では日本古来の手法に立ち戻り、室内の通風と共に、北側地表面の涼しい空気を取り入れ、建物の最も熱の溜まる高所より排熱を行います。
また、屋根、壁においても、空気層を介して熱気の排出をパッシブ手法によって行う複合システムとしています。




冬のシステムは積極的に開口部より日射を集熱し、エアサイクル層を利用してほかの居室へ熱配分を行います。さらに、オプションの機能として、床下に発熱体を設け、室内の連通したエアサイクル層を利用して暖気を循環させることにより、壁、床、天井の6面を暖め、輻射暖房も行えます。




鈴正50周年